MSB-29AD SYSTEM BACK PACK "THE TITAN"


MSB-29AD SYSTEM BACK PACK "THE TITAN"

 

COLOR:BLACK

※10月12日販売

 

 

¥15,800

  • 1.4 kg
  • 有効
  • お届け日数:1~3日1

バンクフィッシングの為に専用設計したバックパックです。

側面のポケットから背負った状態で本体内部のタックルを取り出すことが可能です。

ハードタイプの本体上蓋はタックルチェンジ等の作業台として使うことが出来ます。
バッグの随所にモールを配していますのでお好みのオプションパーツを組み合わせシステマチックに使用可能です。

製品特徴:
①降雨に対応して防水布を採用
②ハードタイプの本体上蓋は作業台として使用可能
③裏地は視認性を高めるためブルーの生地を採用
④本体を内蔵の仕切りで2気室へ変更可能
⑤新設計の2点式ロッドホルダーが付属(初回生産分限定)

⑥MOLLESYSTEMに対応

 

COLOR:BLACK

 

本体SIZE:縦50cmx横30cmx奥行き22cm

メイン収納部:縦46cmx横24cmx奥行き17cm

フロントポケット(上):縦13cmx横24cmx奥行き4cm

フロントポケット(下):縦21cmx横24cmx奥行き4cm

容量:約25㍑

 

収納:

本体(上段) VS3010×2個

本体(下段) VS3020×3個

フロントポケット VS318×2個

フロントポケット VS3010×1個

 


BAG説明動画 (MSB-29AD SYSTEM BACK PACK "THE TITAN")


※準備中


<詳細画像>

正面から見た画像です。下部フロントポケットにはランディングネットやレインウェア等が固定できるバンジーコードが付属されています。

側面開口部の画像です。バッグを背負ったまま本体内部へのアクセスが可能です。蓋裏は針が刺さりにくいPVC素材のクリアポケットになっております。

 

右側面の画像です。上段、下段に別れMOLLEテープを配していますので、お好みの位置にオプションパーツを付けることが可能です。


左側面の画像です。右側面と同様にMOLLEテープを配しています。2点固定式ロッドホルダー(初回生産限定)が付属しています。

背面から見た画像です。背中に触れる部分は極厚の3Dメッシュになっており、蒸れを軽減します。ウエスト部分にはオプションのベルトが装着出来ます。

本体上部の開口部画像です。上蓋はハードタイプを採用。蓋裏をルアー交換等の作業台として使うことが可能です。


背面開口部の画像です。背面ファスナーで全開することが出来ます。内部を一目で確認出来るのでパッキングが非常に容易です。

本体仕切り部分の画像です。仕切りを使うことにより本体を2気室として使用可能です。下部をルアー等のタックル類、上部をレインウエアや食料等と分けて収納することが可能です。

本体背面裏ポケットの画像です。15インチノートパソコンをPCスリーブが付いています。ハイドレーション用のポケットとしても使用可能です。


前ポケット(上段)の内部画像です。ポケットにはVS318デカアキオ君が2個収納可能です。フックやシンカーをパッケージごと入れれるオープンポケットが付いています。

前ポケット(下段)の内部画像です。ポケットにはVS3010やVS820が収納可能です。内部が確認できるファスナー式クリアポケットが付いています。

ショルダーベルトの画像です。ショルダーベルト裏は極厚の3Dメッシュになっており、肩の負担と蒸れを軽減します。ホールド感を高めるチェストストラップが付いています。MOLLEテープを配していますのでオプションパーツを付ける事が可能です。



装着画像  モデル:身長172cm



新型BACKPACK”THE TITAN"のお話(前編)

こんにちは!いやー久しぶりのブログ更新です。

 

今回は新型バックパック″THE TITAN”を発売開始いたしましたので、製作秘話や拘り等をご紹介していこうと思っています。

長文&複数回に分けてなので、興味のある方だけご一読ください!

 

実はLINHA(リーニア)としてのバックパック製作は今回で2度目になります。

1回目の製作は2012年(なんと今から8年も前なのです…)ブランド立ち上げ時のラインナップに存在していました。

 

荷室を上下に区切る事が出来て、小さめの荷物なら底から取り出せるように底にファスナーポケットが付いているバックパックでした。

(下の画像のバックパックです)

当時確か¥12,000程度の売価だったように記憶しております。

BLACKとCAMOを100pcsづつ限定製作したもので、なかなか好評で割と直ぐに完売いたしました。

再販リクエストがとても多かったのですが、為替や工賃の関係で同じ販売価格を維持する事が難しく廃盤になっておりました。

また当時は、個人的に陸っぱりでバックパックを使う習慣が無かった事もあり、新たなバックパックの開発に注力する機会が無いまま時が過ぎていきました(ちょっとお休みが長すぎましたが…笑)

 

そうこうしている内に、ふと気付くといつの間にか、友人達が有名ブランドのバックパックで釣りをするようになっていました。アー〇〇〇クスやマ〇ート、ミス〇〇〇ランチ等の有名ブランドのバックパックです。

そこで私も興味本位で初代のバックパックを引っ張り出してきて、陸っぱりで使用してみました。

 

そうすると、ウエストバックやワンショルダーに比べて、圧倒的に身体、特に肩に掛かる負担が少ないのです!

(あーこれは楽だわ!バックパックで釣りしたら身体が全然疲れないじゃん!これからバックパックだな!)

という事でバックパックを使い始めたのですが、リグ交換の度に一々バックパックを身体の前に廻したり、地面に降ろす動作が煩わしくて、「前向いたままリグ交換出来るバックパックが欲しいな」という事で、2年前に開発をスタートさせました。

続きを読む 0 コメント

新型BACKPACK”THE TITAN"のお話(後編)

 

新製品のバックパック″THE TITAN″の製作秘話や拘りを紹介しております。

今回は、前回からの続きになりますので、引き続きご興味のある方にご一読いただけたら嬉しく思います。

 

さて、コロナウイルスの影響で開発時間に余裕が生まれましたので、過去に作成したサンプルの再確認や、他分野の製品を見る為のお店廻り、勿論WEBでも様々な製品をチェックしました。

 

その中で、朧気ながら求めている仕様が形になって来たので早速1STサンプルを作成してみました。

それがこちらです。

 

続きを読む 0 コメント