Fishing Bag " LIHNA "との出会い

皆さん初めまして。この度フィールドスタッフとして活動させて頂く事になりました、水間尚斗(みずま なおと)と申します。普段は五三川や大江川を中心に、兄の孝太(こうた)と共に【水間兄弟】として活動をさせて頂いています。

 

 

今回は1発目のブログという事で、私がリーニア製品を使い始めて感じたことやリーニア製品の推しポイントをお話しさせて頂こうと思います。

当然ながらバスフィッシングをしていると、より多くの魚を釣りたい!より大きい魚を釣りたい!と思われるシーンがあるかと思います。そんな時にルアーやタックルのチョイスは当然のように行ってきましたが、「バッグのシステムを見直す」と言う事は考えた事がありませんでした。私にとってもこれは大きな盲点だったと言えますが、今は素直な気持ちで陸っぱりアングラーの方々は、フィッシングスタイルに合ったバッグのチョイスやシステムを突き詰めていく事がとても重要だと感じています。

では、リーニアのバッグの何が良いのか?私が感じたポイントをお伝えしていきます。

その①:カッコイイ!
(これだけ語っておいてまずそれかよって思った方すみません(笑))

僕にとってこれはとっても、いや、1番大切とも言えます!バスフィッシングってめちゃくちゃカッコイイスポーツなので、やっぱり身に付ける道具やアパレルも自分の気に入った物を使いたいんですね。

メインバッグのグルーパー。
迷彩好きにはたまらない!

 

 

その②:機能性が高い
リーニア製品はタフなのに軽く、水にも強い生地が使われています。イケてる超実戦的フィッシングバッグ、それがリーニア!

個人的にめちゃくちゃ助かっている、この部分のチャック。バッグを下ろさずに中身を取り出せるのは非常に便利です。

 

 

その③:オプションパーツが自由自在に変えられる
米軍特殊部隊(←もうカッコイイ(笑))にも採用されているモールシステムは、自分の好きなオプションパーツと組み合わせる事が可能です。シーズナルで変わってくる釣りのスタイルに合わせて、バッグのシステムも調整が可能になります。

今回は、まずリーニア製品を使い始めて感じた事を皆さんにシェアさせて頂きましたが、次回の投稿では、実際に僕のスタイルで普段から使っているオプションパーツの組み合わせやオススメな使い方をお伝えさせて頂こうと思っています。

今後ともリーニアと水間兄弟を宜しくお願い致します。