ライト釣行の強い味方!! "STYNGRAY"

ガッツリな釣りならやはり "THE CAIMAN" に分があるが、里川などのライトな渓流なら僕は軽快な "STINGRAY" を使う。

街使いのメッセンジャーバックだと、遡行時にバックが動いてしまいすこぶる使いにくいのだが...

 

この "STINGRAY" は、アジャスターベルトが付いている為、動いた際の腰周りの「ぶらぶら」を抑えてくれるので全くその心配は無い。

ランディングネットは、オプションで付けているベルトパッドのDカン(背中側)にネオジム磁石の脱着式ホルダーで付けている。

 

そうすると、ベストとほぼ変わらない使用感で使う事ができるのでお勧め。

 

また、こういったタイプのバックだと中がごちゃごちゃになり、物を取り出す時に苦労するのだが、もちろんそこも抜かりなし!

 

内側にベルクロが付いており、オプションのインナーポケットやインナーポーチで「仕切り」を自由に作る事ができる。

 

中に入れた物がごちゃごちゃせずスムーズに取り出しする事ができる。

 

これは、特にルアーを頻繁に交換しないといけない時に特に重宝する。

 

ルアーチェンジを素早く行える事=釣果。という事にもなるので意外に重要な事です。

 

 

山崎カスタム例:

MSB-12N MINI MESSENGERBAG TYPEⅣ ”STINGRAY”

CL-42 INNER POUCH<S>(スプーン、スピナーケース入れ用として)

CL-43 INNER POUCH<M>(ミノールアーケース入れ用として)

CL-34NⅢ QUICK GLASSES POUCH TYPE

CL-07NIV PLIER HOLDER TYPE

CL-18 ATTACHMENT BELTPAD

 

フィールドスタッフ 山崎 雅弘